終活には早いけど・・・

こんにちは~ ノリコです。

今日は暖かくて助かりました。
さすがに日が落ちれば寒くなるのかもしれませんが・・・。

今日は友達とランチをしてきました。
久しぶりに会えたので良かったな。
いろいろ近況を話していたのですがその中で
これっていつか自分にも降りかかることなんだなと
感じたので書いてみますね。

その友達の知り合いの話なんです。
その人は独り暮らしをしていたそうなんです。
ちょっと・・・変わり者だったんだって。
まだ、50代の人です。
人を寄せ付けないっていうのかな。
自分でパソコンを使い起業していたので
周りとの関わりというのも、すごく限られていたんだって。
周りとの関わりがないので、その人が生きているのか
死んでいるのかもわからない状態・・・。
そんな生活だったそうなんですが
その人の妹さんが用事があって部屋を訪ねたらしいです。

でも、応答がない。
換気扇はついている。電気のメーターも回ってる。
おかしい・・・そんな感じがしたそう。
不動産屋に連絡をして合鍵で入ってみると
もう亡くなっていたそうです。
しかも・・・ちょっと期間があったらしい。

大変なのはそのあとよ。
部屋の片づけって誰がするの?
身内がやるの?でもさ、普通の片づけだったらいいけれど・・・
ちょっと期間が空いてしまっていた部屋でしょ・・・
正直・・・やりたくないよね・・・。
でも、部屋を返さなくてはいけないしさ。
放っておいても家賃も発生しちゃうしね。
業者さんにお願いすることになったそうです。

そんな現場に出くわしてしまった妹さんは気の毒なんだけど・・・
これってさ・・・誰にでもあり得ることだよね。
わたしだってさ、今は子供たちがいるけれど
この先、子供が独立しちゃったらわたしひとりになっちゃう。
なにか急にそんなことになってもさ、誰にも発見されずそのまま・・・
ってことも十分考えられるのです。
本当に他人事じゃないって感じです。
まだ、終活とか考えるような歳じゃないんだけれど
こればかりはわからないからな~。
せめて、荷物ぐらいはちゃんとしておかないと・・・と感じました。

まぁ、わたしがそうなる前に、うちの親戚でもいるんだよね・・・
独り暮らしのおじさんがさ・・・。
ちょっと頭に置いておこうと思いました。
友達から聞いたのはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です